第25回 実装プロセステクノロジー展
会期: 2024年6月12日(水)~ 6月14日(金)
会場: 東京ビッグサイト 東5ホール
FUJIブース番号: 5E-63

弊社は、6月12日(水)~ 6月14日(金)の3 日間、東京ビッグサイトにて開催される「JISSO PROTEC 2024(第25回 実装プロセステクノロジー展)」に出展いたします。
本展示会では、****

更新履歴

  • 展示会特設サイトを開設しました。
 

来場登録

【例年と来場方法が変わっております】
事前に「来場登録」と「来場者バッジの印刷」をしていただくことで、受付に並ばず入場できます。

来場登録はこちら >>
 

PROTECセミナー

日替わりで弊社スタッフが登壇します。
現在、そしてこれからの基板実装に必要な実装技術、最新のSMTフロアの自動化ソリューションをご紹介します。

セミナー会場 東5ホール入口 主催者事務室

6/12(水)**:** – **:**

生産現場の改善/改革と
印刷技術に
FUJIの印刷機が貢献できること


クラウドやAIサービスをさせるサーバー基板の様な大型の基板、 車載のインバーターなどECU基板、 SiPやパッケージ部品製造の薄圧基板、様々な用途で進化する電子基板。 基板が多様化、高度化(複雑化)すればその基板へのはんだ印刷の難易度も上がります。また段取り替えに関連した作業負荷も増大します。 このような「はんだ印刷」を取り巻く状況に対応し、安定した印刷をするためにFUJIの印刷機ができることを紹介します。


alternative

- 講演者 -
ロボットソリューション事業本部
PMプロジェクト
プロジェクトリーダー

櫻山 岳史

6/13(木)**:** – **:**

生産現場の改善/改革と
電子部品実装技術に
FUJIの実装機が貢献できること


製品の小型化や占有スペース最小化の要求を背景に、部品の高密度な配置や極小チップ部品、微細バンプの小型CSPなど小型部品も増えています。一方で、高機能化と機能集約によるBGAの大型化、大型基板の需要もあります。
このように、同時に進む電子基板の多様化と、高度化によりますます難しくなる部品実装に対応するためにFUJIの実装機ができることを紹介します。


alternative

- 講演者 -
ロボットソリューション事業本部
NXTRプロジェクト
プロジェクトマネージャー

山蔭 勇介

6/14(金)**:** – **:**

生産現場の改善/改革と
止まらない電子部品実装ラインに
FUJIの「自動化」ができること


生産の維持、更なる効率化を求められる一方で、慢性的な人材不足に加えて人材の流動化などにより必要なスキルを持つ人員を確保するのは難しくなっています。
作業自体の自動化で「作業負荷の軽減」とシステムの支援による「作業の効率化」により、生産効率最大化と人材不足緩和を実現するFUJI Smart Factoryソリューションを、実例を交えて紹介します。


alternative

- 講演者 -
ロボットソリューション事業本部
スマートファクトリー開発部 第2課
課長

森田 幸寿

PROTECセミナーのお申し込みはこちら >>

※ 入場人数に限りがございます。お早めにお申し込みください。

 

プレゼンテーション / デモンストレーション

スケジュール
1/24(水) 1/25(木) 1/26(金)
➀10:30~11:00 ②11:30~12:00 ③13:00~13:30
④14:00~14:30 ⑤15:00~15:30 ⑥16:00~16:30

MCによるプレゼンテーション
生産最大化を目指して進化するFUJIのR世代機

製品の多様化と高度化による実装技術への要求や、人手不足による自動化への期待が加速しています。
これらのニーズに対応して進化を続けるFUJIのコンセプトから製品、ソリューションをご紹介いたします。

FUJIエンジニアによるデモンストレーション
オペレーターの負担軽減! 実生産向けの部材準備

SMT工場の中で最も人手が必要とされる外段取りエリア。外段取りソリューションを使うことで、現場がどのように改善されるかを、実際の作業の流れに沿ってご紹介いたします。

 

出展製品のご案内

外段取りソリューション
- 生産で使用する部材準備作業の改善

計画通りの生産を実現するカギとなる外段取り。時間に追われるオペレーターを開放し、効率化を実現するソリューションをご紹介。

フィーダーのステータスが一目瞭然
Advanced Feeder Stand

Advanced Feeder Standはフィーダーおよび、そこにセットされている部品を管理できるユニットです。統合生産システムNeximと連携し、搭載されているフィーダーの状態をLEDの点灯パターンでお知らせします。使用できるフィーダーが目視で判別できるため、フィーダーの探索時間がなくなり、作業を効率的に行えます。

部品に対する作業指示
Kitting Navigation

Kitting Navigation は、オペレーターに外段取り作業を案内するツールです。準備を行う部品のIDをスキャンすると次に行う作業が画面に案内されます。Kitting Navigationからの案内に沿って作業するだけで、効率的な作業ができます。

資料ダウンロード >>
FUJI Smart Factory
- FUJIが推進するDXと自動化による先進工場設備

部品を自動交換するマウンターをはじめ、工場での作業負荷低減を実現し、ラインサイドでオペレータゼロをターゲットにしたソリューションをご紹介。

NXTR PM (印刷機)

幅広い基板サイズとメタルマスクサイズに対応し、微細パターン印刷能力に優れた最新型スクリーンプリンターです。 メタルマスク、バックアップピン・ブロックの自動交換と、印刷パラメータの自動算出機能で、段取り替え工数の削減と生産立ち上げまでのリードタイムの短縮が可能です。

NXTR PM 製品ページ >>
NXTR Aモデル (実装機)

フィーダー自動交換システムを搭載した最新型チップマウンターです。高品質と生産性を維持する機能の強化に加え、スマートローダーによるフィーダーの自動交換で、段取り替えや部品の補給・交換作業からオペレーターを開放します。

NXTR Aモデル 製品ページ >>
FSFモバイルコンダクター

FSFモバイルコンダクターは、SMTラインを構成する装置で発生した異常や警告を、オペレーターが持つモバイル端末に通知し、迅速な対応を促すサポートツールです。

紹介記事 >> 資料ダウンロード >>
New Platform R
- スマートファクトリーを加速する次世代型装置

製品の多様化の加速とますます求められる生産性に対応し、スピードと品質維持、様々な業種に適応する柔軟性も進化させた最新機種「R世代」の装置をご紹介。

NXTR Sモデル (実装機)

高速多機能装着機NXTシリーズの最新モデルです。品質チェック機能の徹底強化と対応基板サイズの拡大で、モバイル機器などの小型基板から、車載、基地局用基板まで、あらゆるジャンルの生産に対応します。

NXTR Sモデル 製品ページ >>
AIMEXR (実装機)

拡張型オールインワン装着機AIMEXシリーズの最新モデルです。進化したプラットフォームと最新ヘッドで、あらゆる生産形態に対応します。特に多品種生産や変種変量生産で繰り返し行われる 新規製品の立ち上げ作業や、段取り替え作業の効率化に強みを発揮します。

AIMEXR 製品ページ >>
挿入工程自動化ソリューション
- 手挿入部品の工程を自動化する挿入機

複雑な挿入、配膳や組み立て、様々な供給形態の部品。SMT周辺に存在する手作業工程を自動化する挿入機のご紹介。

sFAB-D (挿入機)

部品サイズ200×200mm、高さ75mmまでの大型部品に対応した高速・高精度な挿入機です。 業界最高レベルの対応部品サイズと、さまざまな供給形態に対応したユニット群で高い自動化率を誇ります。

sFAB-D 製品ページ >>
SmartWing BA (スカラロボット)

高精度が求められる基板・電子ユニットへのコネクタ挿入から、トレイへの部品移載、部品配膳まで様々な作業を1つのセルで実現します。 各種ユニットや画像処理などのシステムは汎用性が高いため、専用設計などは不要で、そのまま使用頂けます。 これにより、設計、組立など立上げに掛かる費用を大幅に削減可能なため低コストでの導入が可能です。

SmartWing BA 製品ページ >>
FUJIサービス
- 「設備を100%活用していただく」FUJIのサービス&サポート

装置導入前にお客様への最適な構成診断、実装テストの実施、トレーニングや24Hサポートなど充実のサポート内容をご紹介。

CVサービス

生産活動の効率化を図るためには、現状の課題を把握することが重要です。FUJIでは、お客様の実装ラインを診断し、改善策を提案するCVサービスを提供しています。お客様の生産活動をサポートし、DXや自動化の推進を支援します。

紹介ページ >>
eラーニング

お客様がFUJI製品の機能を十分に活用し、効率的にご使用いただけるよう、装置のオペレーションやメンテナンス方法をわかりやすい動画にまとめました。 時間や場所を問わず、繰り返し受講できるため、知識を定着させることができます。

紹介ページ >>
フィーダーレンタル

FUJIではフィーダーレンタルを行っております。定期メンテナンスを行う時間・人員に余裕がない、繁忙期の生産変動にフレキシブルに対応したい等のお悩みのあるお客様にオススメしております。

紹介ページ >>
 

展示ブースのご案内

第38回 インターネプコン ジャパン
東京ビッグサイト 東1ホール
FUJIブース番号 E1-2

【同時出展】
FPM-Trinity
FUJIブース番号 E13-14

SmartWing
FUJIブース番号 W52-53
(西ホール 第8回 ロボデックス)